ソニーがワイアレスで使えるストロボコマンダー&レシーバー開発中@WPPI2016

***お知らせ***

*****up@docomo.ne.jp からお問い合わせをくださいましたK様、メールエラーとなっております。申し訳ございませんが、再度お問い合わせフォームから、docomo以外のメールアドレスをご入力の上ご送信ください。

スポンサーリンク

2016年3月3日~10日の間、ラスベガスで開催されているWPPI 2016 – Wedding and Portrait Photographers Internationalで、ソニーが新しいストロボコマンダー&レシーバーを開発中と発表したそうです。

Wireless_Flash_System_-_Image

現時点で発表されている仕様は

  • コマンダー FA-WRC1M、レシーバー FA-WRR1
  • 使用可能範囲最大半径30m
  • 発光5グループ (最大15台まで使用可能)
  • ハイスピードシンクロ対応

とのこと。今年の夏中にアメリカ、カナダ向けに発売開始予定で、詳細はこれからとのこと。
詳しくは、Sony announces development of wireless flash control systemのプレスリリースをご覧ください。

WPPIでは各社新商品のアナウンスをしています。
ウェデイング写真やポートレイトに興味のある人は、http://blog.wppionline.com/で最新情報をチェック!

ソニーはハイスピードシンクロ対応ラジオスレーブがなかったので、これが出ると嬉しいですね。
でもたぶんお値段高いんだろうなー。

今自分がソニーα7Ⅱで使っているストロボはこちら。

定常光のふんわりライティングが好きで、ストロボライティングに苦手意識があるので、この本を見ながら練習しています。

ストロボライティング練習で撮った一枚。HOKUOの金時豆と栗のパン。撮影後はスタッフ(→私)がおいしくいただきました。
2015-12-15 15.42.56