一眼レフ/ミラーレス一眼ユーザー向け「プライム・フォト」使ってみた

***お知らせ***

*****up@docomo.ne.jp からお問い合わせをくださいましたK様、メールエラーとなっております。申し訳ございませんが、再度お問い合わせフォームから、docomo以外のメールアドレスをご入力の上ご送信ください。

スポンサーリンク

Amazonが2016年1月21日に開始した「プライム・フォト」が話題ですね!!

アマゾンプライム会員向けに、写真データを容量無制限でアップロードして保存できる「プライム・フォト」。
スマホの人の「使ってみた」記事は続々と出てきているので、ここでは一眼レフ、ミラーレス一眼ユーザーでRAWデータを使っている人に向けて、これまで様々なストレージで写真を保存してきた経験を踏まえ、「プライム・フォト使ってみた」を書きます!

プライム・フォトの始め方

プライム会員でない方は、まずは会員登録から。

30日間無料体験できます。プライム・フォトが目的なら、写真をアップする準備を整えてから30日間使い倒したいですね!

アマゾンプライム会員なら、アマゾンのトップページの『今すぐ確認プライム』↓からプライム・フォトを開始できます。
Amazon プライム・フォト

すると、プライム・フォトを始める画面がいきなり始まります。
Amazon プライム・フォト

すでにたくさん写真データをPCに保存してある人は、向かって一番右のCloud Drive アプリケーションをインストールしましょう。クリックするとアプリケーションのダウンロードが始まります。ダウンロードが完了すると、Cloud Driveインストーラーが立ち上がり、インストールされます。Amazonへのサインイン(メールアドレスとパスワード)を求められるので、入力すると、すぐに自分用のクラウドスペースにつながります。

アップロードしたいファイルを選択すると、どんどんどんどんアップされていきます。

写真好きにとってありがたい点

RAWデータをアップロードできる

これまでのフォトストレージ(Googleフォト、Flickr、Flickr Pro)では、RAWデータはアップできませんでした。これらのフォトストレージは写真の一覧性を優先しているので、表示できないRAWデータは受け付けてくれないのですね。RAWデータとJPEG等の画像を一緒にアップできて、写真をアルバムのように表示できるのはプライム・フォトだけです。

アップロードしたデータをPC側で削除しても消えない

上記のフォトストレージがRAW対応していないため、DropBoxに保存している人も多いと思いますが、DropBoxは同期型なので、PCのDropBoxフォルダからデータを削除すると、DropBoxクラウドのデータも同時に消えてしまいます。このため、データを削除できないままハードディスクがどんどん重くなっていってしまいます。

では外付けHDDを同期フォルダにすればいいと思いますが、それには、シンボリックリンクという方法を使わなければならない上に(上にですぞ!!)、外付けHDDを不用意に外したりすると、DropBoxは「同期フォルダが消えた」と理解し、データの全てを削除します。そこに外付けHDDを接続すると、その中身も同期される、つまりデータが消去される、という恐ろしいことになるのです。一度やってしまったことがあります…データサルベージできたので良かったのですが、死ぬかと思いました。

よくわからないなーと思うかもしれませんが、「DropBoxで外付けHDDを使うと怖いことになる場合がある」と覚えておいてください!

その点、プライム・フォトは同期型ではないので、アップロード後にPC内の写真データを削除しても、プライム・フォト側のデータが消えることはありません

アップが早い

巨大なRAWデータもけっこうさくさくアップできています(2016/01/25現在)。アプリケーションはとてもシンプルで、動きが軽快です。しかし、フォルダを指定して自動で同期させるのではなく、都度アップロードするので、アップすること自体を忘れる可能性がかなりありますね。

フォルダごとアップロードできる

Lightroomユーザーさんなら、カタログの中を整理してフォルダ分けしていたりしますね。そのままの形でバックアップできれば安心ですよね。
Amazon プライム・フォト
フォルダごとアップすると、フォルダを崩さずに、その中のjpegとRAWは画像と判断、設定などのデータはデータ無料範囲(5GB)にカウントしてくれるようです。ここは本当に素晴らしいと思います。

写真一覧画面が見やすい

Amazon プライム・フォト
アップしたらきなこがいっぱい!!…(´;ω;`)ウッ…可愛い悲しいさみしいです…
現在私は写真データ保存&バックアップのために、DropBox Pro(月額1200円で1TB)に一時的に保存→フォルダに分類して外付けHDDに(2TBを2台)→SurDocというクラウドストレージ(月額約1000円で容量無制限)に自動で同期させる、というシステムにしているのですが、Surdocは一覧性が非常に悪いのです。何かあった時のための最後の砦なので、そのときはまあ頑張って探すしかないな、という感じなのですが、プライム・フォトは見やすいですね。今は日付でソートしかできないけど、そのうち画像の色条件とかで検索できるようになったりするんじゃないかなあ。だってアマゾンだもの。

ちょっと微妙だな、と思う点

Dropboxのカメラアップロード機能がない

Dropboxは、カメラとPCをUSBケーブルで繋ぐだけで、自動的にファイルを吸い上げてくれる「カメラアップロード」という仕組みがあります。カメラに付属している特殊なソフトを入れなくても、自動でやってくれます。これが本当に便利なのですよね。カメラ付属のソフトはメーカーごとに違うので、それぞれインストールしなきゃいけないのも面倒だし、動きがとにかくもっさりしてる(余計な機能が多すぎる)し、そもそもLightroomがあればまったく使いませんしね。そういう余計なソフトを入れるより、Dropboxのデスクトップアプリを入れておけば、撮って即取り込みです。
もし、Dropboxを試してみたい方は、ぜひこちらから→Dropbox無料登録
このリンクから登録していただくと、無料で使える2GBに加えて、500MB のボーナス容量がもらえます。紹介した私にもちょっとボーナス容量が追加されるので、ここから登録してくださると嬉しいな(*^^*)

ずっとプライムを続けるか?

我が家のエリアだと、ヨドバシ・ドット・コムでも即日配送だし、当日中に届けてくれるネットスーパーが近隣に4軒あるし、絶対アマゾンじゃなくちゃ、というお買い物ばかりではありません。そもそもプライムは、きなこが病気になったとき、すぐに犬用カートを届けてほしかったので加入したもので、今はなくてもかまわないのです。でも、翌日午前中にカートが届いて、すぐに乗せてあげられたので、アマゾンへの感謝の気持ちがあって続けてるんですよね。
もし今後サービス内容が変わったとき、プライム会員であり続けるかどうか迷うかもしれないけど、写真データがあると辞めづらいということになるなあ、と思っています。

利用者が増えても快適か?

他のフォトストレージが、写真好き限定と言ってもいいもので、爆発的にユーザーが増えるとは思わないのですが、プライム・フォトはとりあえずスマホの写真を全部アップしておこう、と考えるライトユーザーの人数が半端ないはず。アマゾンだから大丈夫だとは思うけど、アップロードにものすごく時間がかかるようになったら、面倒ですね。自動同期方式なら、PCに電源が入っていれば自動でやっておいてくれるので、手間感はないのですが。

クラウドストレージに頼り切るのは怖い

過去に、「容量無制限」が売りのクラウドストレージを使っていたとき、急に「無制限プラン」がなくなってしまったことがありました。そのストレージを使うためにいろいろと同期させる設定をしていたので、けっこうショックでした。プラン変更になり、規定容量を超えた分は○日までになんとかしてね、削除しますよ、という連絡が突然来て、かなり大変でもありました。その経験から、いくらアマゾンといえども、ここだけで良いとは思えないのです。外付けHDDを複数+クラウドストレージで、どちらかがダメになってもすぐ別に移れるようにしておきたいと思います。

本当は、そんなに必死になってデータを守らなくてもいいのかもしれません。
仕事の写真は納品してしまえば終わりだし、それ以外は撮り直しも可能です。
でも、私の写真フォルダの中には、もう二度と会えないきなこやおもちがいるんだもの。失敗写真も、「あのときはきなこが待ちきれなくて動いちゃったんだよね」「横をお友達のわんちゃんが通ったんだったね」と、そのときの思い出があるから、一枚も失いたくないのだもの。

DVDなどに焼けば物理的紛失以外は大丈夫なのだけど、多すぎて断念(笑)