たった2ステップで終了!Lightroomで補正するホワイトバランス

***お知らせ***

*****up@docomo.ne.jp からお問い合わせをくださいましたK様、メールエラーとなっております。申し訳ございませんが、再度お問い合わせフォームから、docomo以外のメールアドレスをご入力の上ご送信ください。

スポンサーリンク

撮影場所の照明や壁の色などで、色かぶりが起きてしまうことがあります。そんなときはLightroomでホワイトバランスを調整すれば、自然な色合いに。今回はたった2ステップでできるホワイトバランス補正の方法を実例でご紹介します。

Lightroomホワイトバランス補正

先日エステサロンの撮影に行ってきました。当初の予定ではスタッフの方々のポートレイトを自然光で撮るだけの予定でしたが、急遽使っているコスメのイメージ画像も撮ることになりました(なので、グレーカードの用意がありませんでした)。
お店のイメージカラーがゴールドで、内装は金というよりは黄色に近い色で統一されていました。照明もエステサロンなので落ち着いた暗めのお部屋です。そのため、全体的に黄色~黄土色がかかったような写真になってしまいました。

Lightroomホワイトバランス補正
RAWデータをLightroomで現像するモジュール(画面)です。どんよりした黄色っぽい写真ですよね。

Lightroomホワイトバランス補正
向かって右側の画像調整パネルのスポイトをクリックして、本来は白い部分にスポイトを持って行きます。

Lightroomホワイトバランス補正
すると「ターゲットのニュートラルカラーを選択」という色の拡大パネルのようなものが表示されます。「この色の実物は白だった」と確認したらクリック。
すると、だいたいの色味が本来に近づきます。もし思ったのと違った結果になったら、「編集(E)」の「取り消し」またはCtrl+Zで元に戻し、改めて白い部分を探します。

Lightroomホワイトバランス補正
次に、自動補正というボタンをクリックします。自動補正機能はバージョンアップごとに強力になっており、最新版では当たり外れがほとんどありません。意図的にハイキー/ローキーに撮影したものでなければ、試してみる価値があります。

Lightroomホワイトバランス補正
ここまで仕上がりました。

ホワイトバランスをスポイトで補正→自動補正の2ステップで、かなりいい感じになりますね!
順番は逆でもかまわないのですが、私の実感では、ホワイトバランスは未補正の状態できちんとしておいたほうが、きれいに仕上がる印象です。

Lightroomの情報はネットでも多数見ることができますが、一から始める方にはLightroom独特の概念がわかるこちらの書籍がおすすめです。

「Lightroom プロフェッショナルの教科書」です。実例写真を使いながら練習できるCD-ROM付属で、前半の機能解説ななめ読み+後半を数例試すだけで、かなりできるようになると思いますよ!