大きいサイズのレディース帽子&麦わら帽子お手入れ方法【夏のカメラ女子】

***お知らせ***

*****up@docomo.ne.jp からお問い合わせをくださいましたK様、メールエラーとなっております。申し訳ございませんが、再度お問い合わせフォームから、docomo以外のメールアドレスをご入力の上ご送信ください。

スポンサーリンク

帽子 大きいサイズ レディース 麦わら帽子 手入れ

夏場のカメラ女子に必須のアイテムと言えば、帽子。
ほんの数分撮るだけだから、なんて思っていたのに、気づいたら1時間以上炎天下でカメラを構えていて、日焼けして大変なことに、という経験ありませんか? 私はあります! 何度もあります! そこで、欠かせないのが帽子です。
でも、かぶった後のお手入れってどうしていますか?

麦わら帽子の手入れ方法

麦わら帽子やペーパーハットは、基本的に洗濯ができません。紙などの素材を使っているので、洗ったらダメになってしまうんです。
でも、私は肌に触れるものは使ったらその都度洗いたい性格。布製の帽子はかぶったら毎回洗います。

洗えない麦わら帽子などは、仕方ないのでこのようにお手入れしています。

①ホコリを落とす

歯ブラシなどで、全体のホコリを落とします。けっこう砂ぼこりをかぶっているんですよね。表裏、つばの部分やリボンのあたりもブラシをかけましょう。強くこすりすぎると繊維がボロボロになるのでご注意。

②すべり/汗取りバンドを拭く

帽子の内側にぐるっと巻いてあって、商品タグなどがついている部分。あれをすべり/汗取りバンドと言います。あの部分は肌に触れるので、きれいにしたいですよね。
帽子 大きいサイズ レディース 麦わら帽子 手入れ

この部分は、中性洗剤(液体の洗濯用洗剤でOK)を水で薄めて、タオルなどを浸してから硬く絞ったもので拭きます。裏の帽子本体が濡れないように、水分控えめが良いと思います。洗剤入りの水で拭き終わったら、仕上げに水拭きしておきましょう。
帽子 大きいサイズ レディース 麦わら帽子 手入れ

③風通しの良いところで陰干し

内側に軽く布用消臭スプレー(ラ・ボン ファブリックミスト ラグジュアリーリラックスが好きです)をかけてから、風通しの良いところで干します。じっとり濡れているわけではないので、室内で大丈夫です。もし、かなり濡れてしまった場合は、内側に新聞紙を丸めていれて、吸湿させながら乾かすといいですよ。ドライヤーの熱を当てると変色してしまいますので要注意。
帽子 大きいサイズ レディース 麦わら帽子 手入れ
洗濯用の小物干しなど、洗濯ばさみで挟んでしまうと、繊維がつぶれて跡が残ってしまいますので避けましょう。

大きいサイズのレディース帽子が買える「QUEENHEAD」

実は、私は頭がとにかく大きいんです。お会いになったことがある方からは、「全然大きく見えないよ?」と言われるのですが、後頭部がまん丸で、正面から見て想像するよりはるかに奥行きがある頭なのです。メジャーで測ってみたら、頭の周囲なんと63㎝でした。どおりでこどものころから入る帽子がないわけだ。

町田にはそれなりに帽子を売っているお店もたくさんありますが、どんなに試着しても入る帽子がひとつもない……。ずっと帽子はあきらめて、バンダナやスカーフで頭を覆っていたけど、不便だし服に似合わないので困っていました。しかし数年前通販で、とあるお店を見つけてからは、おしゃれで大きい帽子が手に入るようになりました! 嬉しいのでご紹介します。

楽天市場に出店している帽子屋QUEENHEADさんでは、市販されていないようなサイズで、しかも可愛い帽子をたくさん取り扱っています。

今年買った、上の写真でかぶっているのがこちら。63㎝を買いました。一見そんなに巨大な感じしないでしょ?

頭が入る!
軽い!
風が通って涼しい!
折りたためる!

すでに暑くなってきているので、5月半ばから大活躍です。

QUEENHEADさんのサイズ分類はフリー→58㎝くらいまで(普通のやや大きめ、市販Lサイズ)、XL→61㎝くらいまで(市販でまれにXLとして置いている店もある)、BIG→63㎝くらいまで(まず市販されていない、私の愛用サイズ)になっています。たまに、BIGがBIGすぎるものもあるようなので、商品レビューを確認するといいかもしれません。でも、頭大きい族のみなさんはわかってくれると思いますが、入るだけで嬉しいんですよね! 多少大きくても、「尊い……」となるのです、はい。

カメラ大好きな皆さん、日焼けや熱中症に気をつけてねー!