デジタルカメラとフィルムカメラをできるだけ厳密に比較してみる(7)

***お知らせ***

*****up@docomo.ne.jp からお問い合わせをくださいましたK様、メールエラーとなっております。申し訳ございませんが、再度お問い合わせフォームから、docomo以外のメールアドレスをご入力の上ご送信ください。

スポンサーリンク

これまでの「デジタルカメラとフィルムカメラをできるだけ厳密に比較してみる」
デジタルカメラとフィルムカメラをできるだけ厳密に比較してみる(1)
デジタルカメラとフィルムカメラをできるだけ厳密に比較してみる(2)
デジタルカメラとフィルムカメラをできるだけ厳密に比較してみる(3)
デジタルカメラとフィルムカメラをできるだけ厳密に比較してみる(4)
デジタルカメラとフィルムカメラをできるだけ厳密に比較してみる(5)
デジタルカメラとフィルムカメラをできるだけ厳密に比較してみる(6)

実写画像を比べてみる②真夏のダリア

ここで比較するのは真夏、快晴の日に屋外でダリアを撮ったものです。画像はクリックすると大きな画像が新しいウインドウに開きます。

Lightroomのスクリーンショット。
dahlia1
α7→X-T1→フィルムの順に並んでいます。撮影条件は、ISO400、1/1250秒、F2.8です。

<画像サイズの違い(単位pixel)>
Sony α7:6000×4000
X-T1:4896×3264
フィルム:3090×2048

デジタルカメラとフィルムカメラをできるだけ厳密に比較してみる(6)に書いた通り、フィルムをスキャンして作成してもらったTIFF画像は、RAW画像より小さいので、Lightroomですべてjpegで書きだしてから、Sony α7とFuji X-T1の画像をPhotoshopで同じサイズ(3090×2048pixel)に変更しました。

dahlia2
フィルムの写真が少し暗すぎたので、Photoshopで補正レイヤーを追加、その後レイヤー統合してから並べました。
センサーサイズごとの背景ボケの微妙な違いがわかりますね! やはりAPS-Cはこうやって比べるとボケにくいことを実感します。背景がうるさくなりやすいから注意が必要ということですね。

では、200%表示にして細部を見てみたいと思います。
dahlia_alpha7

dahlia_xt1 dahlia_film

うーん、画像サイズを合わせても、フィルムはかなり残念な感じに…。
逆に、X-T1の細かい描写力はかなりすごい、フルサイズに遜色ないなあと感心しました。
フィルムの写真は精密で情報量が多い、というのは、もしかしたら成り立たない話なのかもしれないですねえ。

使用機種は以下の通りです。レンズはフィルムカメラに合わせて35mm換算50mm前後の単焦点レンズにしました。

フィルムカメラ:MINOLTA αSweet(1998年発売開始)これはさすがにアマゾンになかった…
レンズ:MINOLTA AF MACRO 50mm F2.8

フィルム:Fujifilm PRO400H

フルサイズ機:Sony α7

レンズ:Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA

APS-C機:Fujifilm X-T1

レンズ:XF35mm F1.4 R