安心なカメラ用SDカードの選び方&SDカード復元サービス

***お知らせ***

*****up@docomo.ne.jp からお問い合わせをくださいましたK様、メールエラーとなっております。申し訳ございませんが、再度お問い合わせフォームから、docomo以外のメールアドレスをご入力の上ご送信ください。

スポンサーリンク

カメラ用SDカード
ヨドバシカメラ マルチメディア町田店にて(注1)

一眼レフ、ミラーレス一眼、コンデジ、どのカメラを使うにせよ絶対に必要なのがSDカードです。
「超初心者さん向け」の講座では第1回目にカメラ操作と合わせてSDカードのお話をしますが、「知らなかった!」「どうしよう!!」「ショック~」とお声があがります。なので安心してSDカードを使う方法をまとめました!

これだけは忘れないで! SDカードの重要事項

SDカードは壊れやすい

SDカードを使って写真撮影をしている皆さん、SDカードはけっこう壊れやすいものだ、ということを覚えておいてください!
というのも、写真教室で接している生徒さん(初心者の方)の8割以上が、「撮った写真をSDカードに入れっぱなし」なのです。これまでにうかがった中で一番恐ろしかったのは、「写真を始めてから5年間、そのあいだに世界一周旅行をして、撮った写真は全部、今カメラに入っているSDカードの中にあります」という方でした。貴重な思い出の写真が消失の危機!! 今日おうちに帰ったら、すぐにパソコンにデータを移してくださいね!!! とガクブルでお願いしました。というのも、SDカードには寿命があり、保存データがなくなってしまう可能性があるからです。

SDカードには寿命がある!

高品質なもので最大10年、一般的な品質のものだと1年程度とも言われています。なので、撮った写真をCDやDVDのディスクのように、SDカードで保存するのもやめたほうがいいです!

書き換え回数の上限もある!

500回程度書き換えを行うと、劣化していくと言われています。なので、動画などを大量に書き込むわけではない一眼レフ/ミラーレス一眼/コンデジユーザーなら、大容量のものを一枚購入して、それをずっと使い続けるよりは、手頃な容量のSDカードを複数枚持っているほうが安心です。

SDカードは静電気に弱い!

冬場、乾燥して帯電した手でSDカードに触れて、パチっとなってデータ一巻の終わりということも少なくありません。また、後ろ側の金属部分に水がかかったり、傷をつけたりしても、壊れてしまいます。落とした角度が悪くて壊れちゃった、という例も多いですね。

SDカードは消耗品と考え、予備を用意しておくようにしてください。

 

カメラ用に使えるおすすめSDカード

○○カード、何が違うの?

現在一般的に使われている画像保存用カードには3つの種類があります。
大きい順に、CFカード、SDカード、microSDカードです。
CFカードSDカードmicroSDカード
一眼レフ、ミラーレス一眼、コンデジで主に使うのは真ん中の大きさのSDカードです。

古めのカメラを使ったことがある方は、CFカードじゃないの? と思われるかもしれませんね。
今でも上級機ではCFカードが使えるものがあり、プロカメラマンの多くはCFカードをメインに使っています。CFカードのほうが、同じスペックのSDカードよりもデータ転送速度が早い(現在は同等のSDカードも多い)ことと、データ喪失の危険性が少ないからです。SDカードは裏返してみると金属部分が露出していますが、CFカードはまったく見えない構造です。金属部分に静電気が走ったり、傷をつけたり、濡らしてしまったりすると、カードはダメになってしまう可能性が皆無とは言えません。そのため、報道カメラマンなど「撮れなかった」が許されない分野のカメラマンは、CFカードの愛用者が多いのです。上級機種のカメラを購入する時には、カードスロットをCFにするかSDにするか、両方併用にするか選べるものもあります。

でも、一般のカメラユーザーさんは、SDカードでまったく問題ありませんよ! CFカードはやはり構造上同じ容量でも高価になりますので、予備のSDカードを用意するほうが現実的です。私自身、インタビュー取材に同行して撮影することがありますが、SDカードを複数持って行きます(カメラを複数台+予備SDカードを持って行きます)が、CFカードは使っていません。

microSDカードは皆さんよくご存知と思いますが、スマホ用ですね。こちらにSDカード変換アダプタを付けて、大きくしてカメラ用のSDカードとして使うこともできます。

SDカードの容量はどのくらい必要?

写真を撮るだけなら、16GBで充分です。
JPEGだけで撮影する場合、おおよその撮影可能枚数は以下の通り。RAWも同時に保存するとしても、16GBのSDカードで700枚程度は撮れます。

 64GB32GB16GB8GB4GB2GB
500万画素
1.4MB
40,670枚 20,330枚10,160枚5,080枚2,540枚1,270枚
1000万画素
3.1MB
19,020枚 9,510枚4,750枚2,370枚1,180枚590枚
1800万画素
6.1MB
9,620枚4,810枚2,400枚1,200枚600枚300枚
とにかく大きい容量のSDカードを1枚購入するより、16~32GBのものを複数用意したほうが安心です。

SDカードの「クラス」って何?

SDカード クラス
SDカードに書いてある、丸で囲まれた数字が、「クラス」です。10ならクラステンと呼びます。クラスというのはスピードクラスのことで、データの転送速度を表しています。リスの撮り方を説明したページでも書きましたが、転送速度が遅いと、どんなに高性能なカメラを使って連写しようとしても、SDカードへの書き込みに時間がかかってしまい、爆速激写というわけにいかなくなってしまいます。Class10が最高速度ですので、新しいカメラならClass10のものを買っておきましょう。

おすすめのSDカード16GB/Class10はこちら。

TranscendかSandiskのSDカードは、評価が高いですね。私も両方持っていますが、壊れたことはありません。お値段もフレンドリー。この2つの機種で、16GBか32GBを選んでおけば、間違いありません。
カメラ関係をAmazonで買うなら、Amazon限定バージョンがコスパが高くておすすめです。

SDカードは16GBで充分、大容量を買うより16GBを複数

Class10を選ぼう

トランセンド、サンディスクがおすすめ

 

SDカードが壊れたら?

もし、まだ画像データをパソコンに移していないSDカードが壊れたら…((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルですが、慌てずに対処しましょう。

突然カメラに「SDカードがフォーマットされていません」 「このカードは使用できません」という表示が出たら

  1. まず落ち着いて、カメラの電源をオフにします。
  2. SDカードをカメラから取り出し、裏面の金属部分が汚れていないかチェックします。
  3. メガネ拭きなどの柔らかくて清潔な布で、そっと金属部分を拭きます。
  4. カメラに戻し、電源を入れて確認します。

よくあるのは、金属部分の汚れによる接触不良です。手で触ったときに汚れがついたパターンですね。これで復活したら、取り急ぎパソコンにデータを移して、新しいSDカードを使いましょう。
フォーマットしてしまうと、SDカード内のデータは消えてしまうので要注意です。

拭いてもダメなとき

データ復元サービスに依頼しましょう。データ復元ソフトなどを使ってうまくいく場合もありますが、どうにもならないことも多いです。自分で復元ソフトを使ってダメだった場合、プロの復元サービスに頼んでも、データが完全に破損してしまっていることが少なくないようですので、最初から依頼したほうが良さそうです(私も一度、SDカードではなく外付けハードディスクを自分で復元しようとして上手くいかなかったことがあります…幸い、バックアップがあったので大事には至らなかったのですが、ドキドキしました)。
デジカメの写真データ、SDカード復元サービスで評判が良いのは、株式会社ピーシーキッドさんです。

  • 最初にオンラインで概算の見積もりを出してもらえる
  • SDカードを送付して、正式な金額が算出される
  • 復元したデータは新しいSDカードに入れて送り返してくれる
  • もしデータを救出できなかったら無料

良心的な価格設定のようですし、ダメな場合は無料というのも嬉しいですね。たぶん、そういうふうに言うということは、データ復元にものすごく自信があるということなんだろうな、と思います。
万一のときは↓にどうぞ。



私も次に何かあったら頼むつもりですが、頼まずにすむならそれに越したことはないですよね…あのドキドキは嫌だー!!

(注1)ヨドバシカメラでは、「ヨドバシ フリーWi-Fi」サービスの開始に伴い、店内をスマホで撮影し、SNSやブログにアップして良いということになりました。他のお客様の迷惑にならないようにご注意ください。知らない方の姿が写り込んだりしないように気をつけましょう。